ガチャを絞りすぎてユーザーから不満が出てきた

様々なプラットフォームで大人気となったTYPE-MOONの代表作であるFateシリーズ。
満を持してFate/Grand Orderがスマホゲームとして登場して、配信延期などを経てスマホでも注目を集めて配信当初はサーバーダウンなども引き起こす大人気ゲームとなっていた。
しかし、配信から約2ヶ月してその勢いに大きな陰りが見えてきている。
当初は人気ゲームの最新作のリリースということで、多少のトラブルがあっても多めに見てくれていたユーザーも多かったが、ある程度期間が経ったことでそういったご祝儀的な見方をするユーザーも減ってきて、溜まっていた不満が徐々に漏れだしてきた形だ。
一番の不満点と言われているのが、やはりガチャに関する問題だ。
数万円つぎ込んでも最高ランクのカードが手に入らないというのはざらで、ネット上にはガチャを回した動画が多数上がっているし、画像だけでもかなりの数の報告があるため、最初のうちはそうでもないと思っていたユーザーも徐々に不信感を抱いてきたようだ。
このゲームには、サーヴァントと呼ばれるキャラカードと礼装と呼ばれるサポートカードの二種類があって、どちらも☆3~☆5までのカードが排出される。
当然レアリティの高い☆5のカードなどはあまり出ないのだが、サーヴァントに至ってはとことんまで確率が絞られているようだ。
ある動画で、約14万円分490回のガチャを回してみたところ、☆5のサーヴァントはわずか0.2%、☆5の礼装は3.2%と大きな隔たりがあった。
ガチャといえばスマフォアプリの一番大きな収入要素であり、運営としては有料ガチャを回して貰うことで収益をあげているわけで、多少渋い設定になってしまうというのは理解出来る。
しかし、ここまで極端なことになってしまうといささか問題ではないだろうか。
もちろん、ガチャを引く引かないはユーザーの選択に委ねられているとはいえ、人気作品の人気キャラを目当てにプレイしているユーザーも少なくはない。
ガチャに限ったことではないが、あまりユーザーを無視した運営をしていると、早い内にスマフォの聖杯戦争は終結してしまいそうだ。

アイドルマスターはいつの間にか進化していた

アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージは美少女ゲームの一種なのですが、どうもスマホで遊ぶ事を前提に制作されている様ですね。この所、この手のゲームからは遠ざかっていたので、そこの所の正確な情報は掴めていないのです。もしかしたらパソコンでもダウンロードをすれば遊べるかもしれません。

内容ですがタイトルにもあるように、アイドルを育成する事が主な目的になっています。そのようなタイプのゲームは昔からありましたが、画面の美しさが半端ない感じに仕上がってるのが見てわかります。製作者も随分苦労したのだろうなと思いますが、これだけ画面が綺麗だと本物のアイドルと区別がつかなくなってしまうかもしれないですね。

そんなアイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージですけど、ありがたい事にダウンロード自体は無料で出来ます。なので、お金の無い人でも楽しめます。ただし、ゲームの進行状況によっては課金されてしまう事もありますので、その辺りは気をつけておくと良いでしょう。大人ならばその辺りの線引きをしっかりできると思うのですが、子供ですと何も分からずにクリックしてしまう可能性があります。そうすると後で問題に発展する可能性もあるので、親と相談するなどしておく必要があるでしょう。

私も先日アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージをプレイしたのですが、本当に面白かったです。問題点があるとすれば、嵌り過ぎてしまって他の事が手に付かなくなってしまう事かもしれません。アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージに登場するキャラクターは非常に魅力的ですからね。特に子供受けする様に作られている印象がありますので、自分なりに時間制限をするなどした方が良いでしょう。アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージのせいで受験勉強に失敗したなんて事にならない程度に楽しんでみてください。

ユニークなキャラがたくさんいるドラゴンポーカーが好き

このドラゴンポーカーのキャラには、ユニークな名前のキャラがいるのが面白いなと思います。中でも枕返しなんていう名前のキャラがいるわけですが、まったく顔も見えないし、女性なんだか男性なんだか分からないところがドキドキするキャラなのです。どこかちょっと怖さもあるけど、でも憎めないなと思ったりします。

他にも、火の属性のクトゥグアという可愛いんだか生意気なんだか分からないようなキャラクターもいたりします。顔はまるでウサギのようですが、猫のような感じでもあります。こちらに向かっては走ってくるところがドキドキして気になるキャラです。真っ黒な姿はどこか悪魔の化身的なイメージもして、そこもワクワクします。

そうかと思えば、火の属性のカラフルな朱雀や、水の属性の青龍などのキャラクターもいたりします。とってもこの青龍は迫力があり、こちらを睨んでいる顔が迫力があって怖いです。でも、どこか格好よく、とっても欲しいカードです。

もっと気になるのが、ベトロニウスです。やっぱりおしゃまな生意気そうな顔をしているのに、どこか知的な紳士な感じが気になります。今にも「ご機嫌いかが?」なんて聞いてきそうな顔をしていて、ダンディなポーズをとっているのが笑っちゃいます。だって、その顔は耳が生えた猫のようなのですから。

白虎はとっても格好良いです。どこか一匹狼的なところがあり、森に住む貴重な生き物を連想させます。白い虎ということで、どこか神の化身という感じもします。今にもワッと飛び掛ってきそうなところもドキドキします。

そんなだと思えば、なまはげのキャラまでいるのが笑っちゃいます。どこか憎めない顔をしたなまはげが、こちらを見ては威圧しているようです。こんなキャラがいるのは、日本のゲームならではで面白いところです。

他にも、へんてこなクローバーが笑います。何処が顔だか口だか分からないような姿が、どうもそそるのです。子供って、こんなへんてこなキャラが好きだったりするんですよね。

姫王と最後の騎士団はいかにも人気の出そうなタイトル

Android版の方が少し早めに配信されて、その後にiOS向けのも出てきた訳ですけど皆さんどうでしょうか、姫王と最後の騎士団を楽しめていますか?なんて事をわざわざ私が聞く必要もないでしょう。圧倒的な面白さがあるので、これがヒットするのは当然の事なのです。タイトルを聞いただけでも遊んでみたくなる感じがしますよね。昔からそうですけど売れそうな物というのは、その商品名そのものが既に優れているのです。

最後のというのも意味深ですよね。戦争はこれで終わりという意味なのか、それとも姫王率いる部隊が全滅してしまう事を暗示しているのか。その辺りの謎を解明するためにもプレイしたくなる訳です。これに関しては、やり続ける内にある程度は明らかになってくるのだと思います。

姫王と最後の騎士団は基本的には冒険ものな訳なんですけど、ちょっと面白いのが着せ替えが可能という事ですね。昔から人間に色々な服を着せかえて遊ぶのはありましたけど、それを画面内でやってみようとの試みな訳です。こちらは当然ながら全てデータなので、お金も特に掛からないのが有難い所です。ただ、一部アイテムに関しては課金があるという事は付け加えておきましょう。

あと、強調されているのが指一本で遊べるという所でしょうか、やっぱり複雑化する傾向がゲームにはありますから、それに対して簡単ですよという事を強調している訳です。実際の所、スマホのゲームは大抵指1本が多いと思うんですけど、その辺りをあえてアピールしている事が重要なんだと思います。誰でも出来ますよという訳ですね。

まだ姫王と最後の騎士団の配信が始まって日が浅いので、これからいろいろな遊び方が提案される事になるのだろうと思います。製作者としても気がつかなかった様な楽しみ方も出てくるでしょうから、そちらの方にも期待したい所ですね。しかしまぁ、これだけのクオリティのゲームがタダで遊べるなんて有難い時代になったものです。

キャラメイクし放題の冒険RPGを楽しもう

姫王と最後の騎士団は、姫王とともに平和な世界を作るために騎士団の団長として冒険をする爽快RPGです。ソーシャルゲームでは定番の事前登録による特典として、魔法石を大量にゲットすることができますので忘れずに登録をしておきましょう。予想以上の登録人数に特典がさらに豪華になっています。それだけ多くのかたから期待されているゲームなのです。こういった魔法石はいわゆるガチャガチャをまわすのに必要になります。普段は課金をしなければ大量ゲットできないものですので、こういった機会を利用して持っておくことが大切です。
姫王と最後の騎士団は指先一本で操作が可能なお手軽さも注目されています。RPGというと特に戦闘中などは複雑な操作が必要な場面が多くありそうなものですが、実に簡単に白熱したバトルを繰り広げていくことが可能です。RPG初心者のかたでも迷うことなく、前進していくだけでも一緒に冒険してくれている仲間がバンバン敵を攻撃してくれます。必殺技などの派手な演出の攻撃もやはり指先一つで繰り出すことが可能です。これまで難しそうだからとRPGを敬遠していたかたであっても、ぜひ挑戦してみて欲しいゲームです。
姫王と最後の騎士団は美しい姫王から騎士団を結成するという任務を与えられることから、世界を救う物語が開始します。王道中の王道のストーリーはどんな方でも入り込みやすいでしょう。ですが王道の中にも新しさはあります。特に注目なのが、服やアクセサリーなどの装飾品を選べる自由度の高さです。自分の好きなようにカスタマイズしたキャラクターを作ることができて、カッコいいキャラから可愛いキャラまで、なんとそのパターンは数十億通りもあるとされていて、キャラメイク可能なゲームの中でもそのバリエーションはズバ抜けています。
姫王と最後の騎士団は、爽快バトルを楽しみたいかた、初RPGに挑戦したいかた、オリジナルキャラクターを作るのが大好きなかたなど、あらゆる方面が好きなかたに楽しんでもらえるゲームです。これだけでも長い時間ずっと楽しませてもらえそうなゲームであることがわかるでしょう。ぜひ遊んでみてください。

指先一つでこの世界の救世主になれるゲームです

指先一つで世界を救うのは長らく北斗の拳の主人公だと思っていましたが、姫王と最後の騎士団では違います。当然ながらこの救世主の役割を背負っているのはプレイヤーであるアナタとなります。フフッ…ちょっと笑ってしまったではありませんか。でも、自分がそういう立場になるというのも悪い気はしないはずです。むしろちょっと興奮する位ではないでしょうか。まぁ、よく考えて作られたキャッチコピーだなぁと素人ながら感心してしまいます。

実際、1本の指でプレイできるというのは大きな利点ですよね。ちょっとした空き時間にやるにしても、片手で操作できた方が便利ですからね。で、登場する敵の数がかなりの数らしく、画面中に敵と味方が入り乱れるという凄まじきバトルが展開されるのだそうです。それでも指一本で勝負するという事に変わりない訳ですが、それは考え込んで作られているからこそできるのであって、制作メンバーの努力の賜物という事になるのでしょう。

姫王と最後の騎士団というタイトルですから、騎士団が当然ながら出てきます。これをどの様に作り上げるかというのはこのゲームの肝となる部分と言えると思います。これ系のゲームでいつも悩むのが、自分の好みのメンバーにするか、それとも強さこそを最優先するのかという事です。私なんかはどちらかと言うと前者の方になりますね。やっぱり好きじゃないメンバーと装備でやっていても盛り上がれないんですね。だから、メンバーの方を理想キャラで固めるという方法でやる事が多いのですが、これだとクリアするのに時間がかかったりする事が多くなりがちです。

ただし、そここそがゲームの醍醐味というのも事実でしょう。困難を目の前にして楽しめるか否かはクリアに欠かせない要素です。姫王と最後の騎士団は工夫して作られているので、多少難しい面があったとしても継続するのはそれ程難しくなさそうです。世界を救うのは自分と言い聞かせて頑張ってください。

短時間でも3DRPGを楽しめる姫王と最後の騎士団

最近のスマートフォン用ゲームは、いかにシステムを複雑化するか、やりこみ要素を多く盛り込むかといった、内容の詰め込み合戦とも言える状況となっていますが、気軽にゲームを楽しみたいライトユーザーにふさわしいゲームも、もちろん存在します。そのタイトルは、姫王と最後の騎士団です。女王でも王女でもない、特徴的なタイトルが気になりませんか? その理由を知っていただくには、まずストーリーの説明をしなければなりません。
姫王と最後の騎士団の舞台は、いわゆる剣と魔法のファンタジー世界です。大きな争いもなく、いつまでも平和が続くかと思われていましたが、姫が女王に即位する戴冠式の直前になり、ある事件が発生します。王国の騎士たちは、その事件を解決すべく立ち上がり、無事に戴冠式を迎えることを目指します。プレーヤーは団長となって、事件の謎を解き明かし、迫り来る敵へと立ち向かうのです。
こんな姫王と最後の騎士団ですが、世界観やキャラクターデザインは、どちらかといえばポップな雰囲気となっていますので、最初にお話ししたようにライトユーザー向けとなっています。3Dキャラクターを操作することによって敵と戦うという、リアルタイムアクションRPGですが、複雑な操作は必要なく、指先をちょっと動かすだけで楽しめるように工夫されています。また、短時間だけプレイすることも可能ですから、休み時間に遊んだり、待ち合わせの間にスマートフォンを取り出してプレイしたりといった楽しみ方もできるようになっています。
ここまで、姫王と最後の騎士団はライトユーザー向けと説明してきましたが、もちろんやりこみ要素も充実しています。レアな装備やキャラクターを探すという遊び方は、多くのRPGと共通しています。また、声優陣によるフルボイスの台詞読み上げや、装備を変えるごとにキャラの外見が変わるという凝った演出も搭載されています。誰でも気軽に楽しめるけれど、長く続けてやりこむこともできるという、まさにゲームの理想のような作品となっているのです。

自分だけの騎士団を作るのが楽しそうな「姫王と最後の騎士団」

スマートフォン向けのRPGは次々と新作がリリースされています。その中でも2015年注目のタイトルと言えば、それは「姫王と最後の騎士団」です。このゲームはまだリリースされて間もないようですが、とてもおもしろそうな雰囲気に胸を高鳴らせているRPGファンはとても多いはずです。

 このゲームの大きなテーマは、自分だけの騎士団を作ることです。今の時代のゲームは昔のゲームのようにいろいろとあてはめられて進めていくより、こうした自由度優先のゲームが人気になりやすいです。その自由度優先を感じさせてくれるがこの姫王と最後の騎士団で、そこに期待している人はきっと私だけではないはずです。

 公式のPVを見てみると、装備の類に注目してしまいます。私は男性ですがゲームキャラクターの衣装をあれこれとカスタマイズするのが結構好きな方で、ときには強さよりも見た目の良さを重視して装備をカスタマイズしてしまうことがあります。着せ替えができるゲームではその楽しみがありますから、RPGにおいて強さだけを求めるのはもう古いとすら思っています。

 衣装で見た目がカスタマイズできるということは、それこそ自分だけの騎士団を作ることができます。そして、それはもちろんキャラメイクにおいても同様でしょうから、その点はやはり高く評価することができます。

 また、見た限りではアクション要素の高そうな戦闘シーンにも注目しないわけにはいきません。いくら衣装のカスタマイズができるといっても、そうしたRPGの根底になる部分はしっかり作っておいて欲しいので、その面についても大きな期待がかかります。

 姫王と最後の騎士団はいかにも現代向けなスタイリッシュで遊びやすそうなスマートフォンのゲームに思えます。その通りなら長く遊べることは間違いないですし、そうでないとちょっと困ります。どんなゲームなのかはまだダウンロードしていないのではっきりと語れませんが、ぜひとも前向きにプレイしてみたいと思っています。

話題沸騰中のスマホゲーム「姫王と最後の騎士団」

リリース前だというのに話題沸騰中の「姫王と最後の騎士団」。公式キャッチコピーは「指先ひとつで世界を救うRPG」。指1本で操作できるゲームとのことで、通勤や通学時に楽しむには最適のスマートフォンゲームかもしれませんね。最近はなにかと複雑になる傾向にあるスマートフォンゲームですが、「姫王と最後の騎士団」はスマートフォンゲームの原点に戻るかのような、シンプルな操作性が売りのようです。

「姫王と最後の騎士団」はリリース前ですので、いまだ謎が多いのですが、公式サイトをみるかぎり、キャラクターデザインにはかなりの期待がもてそうです。女の子たちはしっかりと描き分けがされていて、どの子もカワイイ。金の王冠をかぶっているエメラルドグリーンの髪の子がおそらくお姫様であり、プレイヤーを中心とした「最後の騎士団」が彼女のために戦い、やがて世界を救うというストーリー設定になっているのでしょう。RPGの王道を行くようなゲームになりそうです。経験上、こういったゲームがハズレたことはありませんから、「姫王と最後の騎士団」も心配なさそうです。

現在、公式サイトでは事前登録キャンペーン中で、事前登録をすれば魔石をゲットすることができます。プレミアムガチャ8回分とのことですから、リリース後の出費を抑えるためにも是非とも登録しておきたいところです。アンドロイド版のキャンペーンは既に定員が埋まり終了となりましたが、iOS版のキャンペーンはまだまだ受付中なので、今すぐ登録することをオススメします。

さて、「姫王と最後の騎士団」はいまだリリース前というこで、ゲームの全貌を語ることはできませんが、現時点で明らかになっていることを総合してみても、かなりの期待がもてそうなゲームです。この秋はいくつかの大物ゲームのリリースが控えていますが、事前情報から推測してみるかぎり、姫王が秋季の覇権を握ることも十分ありそうです。今秋のリリースが待ち遠しいですね。

イラストはいいがグラフィックスの出来はどうか

姫王と最後の騎士団なんですが、指先ひとつで世界を救うのが売りのロールプレイングゲームですね。かなり気合の入ったキャラクターイラストを全面的に押している感じがするので、ひょっとしたらファイナルファンタジーのレコードキーパーみたいなゲームかなと思ったんですが、フタを開けると2度ビックリ仰天で、プレイステーション2レベルの3Dグラフィックスを採用しているロールプレイングゲームのようですね。

キャラクターの着せ替え的要素を売りにしている部分もあるため、確かに2Dグラフィックでは真似のできない要素でもあるので、理解は出来るんですが、肝心の3Dキャラクター自体のできがもう1歩物足りないような気がしますね。リアルにすれば良いというものでもありませんが、可愛さを狙う2頭身や2頭身半のキャラクターモデリングをしているにしては、若干のリサーチ不足というかパンチ力に欠ける状態な気がします。

サービス展開している会社がGMOなので、そこまで大きく外すことはなく、下手していたとしても大幅に修正を入れてこれる体力のある企業なので、大きく不安な印象を抱く必要せはないともいえるかもしれませんが、今のスマホゲーのユーザーは目が肥えてきているため、ちょっとやそっとの特徴では、あまりユーザー獲得に繋がらないんじゃないかと、老婆心ながらも心配している次第です。

ゲーム性自体は、簡単な操作でサクサク攻略していけるタイプのゲーム性ですね。よくあるタイプのゲームなんですが、このことからもライバル過多で、なかなか抜けたコンテンツを用意しないと、尻すぼみになる可能性は否めないかもしれません。せっかく、魅力あふれるイラストレーターを採用しているので、その魅力を引き出すようなグラフィックスを用意出来たらなぁと傍目から見て思ったことをつらつらと書き綴ってしまいました。とはいえ食わず嫌いは良くないので、まずはプレーしてみようと思います。そこから最終結論を出そうと思います。