人気アプリと言えば姫王と最後の騎士団

最近人気のアプリと言えば何を想像しますか。おそらく、パズルゲームを想像する人が多いかもしれません。その様なゲームは単純な操作でプレイできるのが人気の秘密です。

しかし、RPGでも単純操作でプレイできる物が存在します。それが、姫王と最後の騎士団です。RPGといえば、複雑な戦略を考えないとクリアできないような印象がありますが、このアプリは違います。そのため、RPGの常識を覆したと言っても過言ではないのです。

他にも、人気の秘密があります。それは、人気声優が多数出演している事です。キャラクターは全てボイス付きなのですが、その声を人気声優が担当しているのです。そのため、声優ファンにとっても人気の高い作品です。新人声優が出演している事もありますが、姫王と最後の騎士団をきっかけに人気が出た人も多いのです。そのため、声優にとっても憧れの存在になっているのです。

キャラクター自体の人気も高く、コミケやハロウィンでコスプレをする人がとても多いです。また二次創作でも人気が高く、オンリーイベントが開催されるほどです。このような人気を誇っているのは、スマホアプリではとても珍しい現象です。しかし、姫王と最後の騎士団を支持しているのはオタク層だけではありません。普段ゲームをしないような層にも高い人気を誇っています。

その理由は、ゲームのシステムです。一般的なRPGのように複雑な攻略法を考えなくていいので、どんな時でも気軽にプレイできるからです。単純なシステムのゲームが流行っている時代なので、単純操作でプレイできるのは大きなメリットといえます。また、他にも人気の秘密があります。非課金でもある程度はゲームを進める事が出来るので、アプリに課金できない人からも支持を得ているのです。

また、課金を促すような画面が無いため子供にも安心してプレイさせられるメリットもあります。もちろん、専門誌でも高い評価を得ているため、姫王と最後の騎士団はとても良いアプリであると言えるのです。

大人気になっている姫王と最後の騎士団の魅力

姫王と最後の騎士団が人気のスマートフォンゲームになっているのは、30人以上のキャラクターを用いて独自の騎士団を構築出来るからです。多数の登場キャラクターを無作為に組み合わせるだけでも独特な騎士団を作れる上に、装備品のデザインは数多く存在しています。自分だけの騎士団を作ってプレイ出来る点が、ほかのスマートフォンゲームには無い強みです。

それに加えて姫王と最後の騎士団は、片手で遊べる操作性を実現しています。電車内の手すりや吊り革に掴まりながらでも遊べるので、移動中にプレイする上で不自由になる事はありません。隙間時間を使ってプレイするというスマートフォンゲームの利点を、最大限に活かしている点も評価されているのです。デザインに関しても有名なスタッフが参加する事で秀逸な出来を実現しています。

スマートフォンゲームはシステムを流用する事によって、開発期間を短縮化しているので似ている作品が多いと言われています。その中で独自性を認められるのは操作キャラクターや敵が個性的であるのが条件です。その点をクリアしているからこそ姫王と最後の騎士団は多くの人にプレイされています。アップデート内容が充実しているのも人気の一因です。

スマートフォンゲームは売れ行きが好調だと、運営側が慢心するケースが多いと言われています。新たに手を加えると経費が肥大化してしまうからです。アップデートを新たに行ってバグが生じれば、修正の対応に追われる事になります。その事情を考えればスマートフォンゲームのアップデートに対して、後ろ向きな気持ちを持つ運営が多いのは当然です。

しかし姫王と最後の騎士団の運営は、ユーザーに楽しんで貰う事を意識しており、次々と新しいコンテンツを追加しています。それが多くのユーザーに安心感を与えているのです。スマートフォンゲームは常に配信終了のリスクを抱えており、それに対してユーザーは恐れを抱いています。アップデートが頻繁に行われるのは配信終了の予定が無いという反証でもあるため、姫王と最後の騎士団のユーザーは安心して楽しめるのです。

魅力的なキャラを動かせる姫王と最後の騎士団が今おすすめ

スマホのゲームは短時間にさくっと遊ぶというスタイルから携帯ゲーム機に似た使い方をする人が増えたせいか、最近はアクション要素の強いものがランキング上位に上がってきている気がします。だからちょっと前のパズルゲームに次ぐ激戦ジャンルといえますが、姫王と最後の騎士団はそれらを押しのけて上位の常連になりそうな面白い要素を持っていて期待できるのです。

大きな魅力はカスタマイズ性が高い部分で、オリジナリティのあるキャラを操作して冒険したいというこだわりの強い人でも満足する組み合わせの豊富さでしょう。装備を変更してキャラの見た目を楽しむアクションゲームは数あれど、姫王と最後の騎士団は装備というよりアバターレベルで自由度の高い楽しみ方ができると思います。

それでいてしっかりと中世っぽい雰囲気のグラフィックで作りこまれていて、キャラはもちろん背景までなめらかさを感じるから全体的にリアルに近いような世界です。でもリアルさがふんだんに盛り込まれているからといって、洋ゲーっぽさを感じないバランスでコミカルな要素が含まれているのが素晴らしく、国内アニメっぽい絵柄のゲームばかり遊んでいる人でもきっと面白いと思うはずです。アクションというと課金額に関係なく自身のプレイヤースキルも必要とされるものが大多数かもしれません。ただ、姫王と最後の騎士団は宣伝文句にもある通り指一本の簡単操作でキャラを動かせるから、自分のペースで遊べるのが今までのスマホアプリの常識を破った革新的なアクションゲームといえるでしょう。

その時持っている最高レアのアイテムじゃなくても気分転換に着せ替えながらゆるくプレイできますし、指先をすばやく動かすほどのスキルを要求されないため電車の中でも人目を気にしないで楽しめて安心です。他のアプリと比較すると、アクションのカテゴリなのに都合に合わせて中断しやすい優しいシステムだと思うので、暇な時間にパズルゲームで遊んでいたという人が試しに入れてみるのにふさわしいとおすすめします。

着せ替えが豊富すぎるアクションRPG

スマホゲーの姫王と最後の騎士団、androidに続きios版もリリースされ、いよいよ本格スタートです。
このゲームの一番の売りは着せ替えシステムで、本当かどうか判りませんが50億以上のバリエーションがあるらしいです。50億はともかく、着せ替えが豊富なのは本当なので、アバターに凝る性格の人にはお勧めです。制服、巫女、バニーなど多様なので必ずお気に入りのコーデが見つかるでしょう。

キャラクターは2.5頭身にデフォルメされた可愛いキャラで、それらを複数同時に操るアクションゲーム。複数操るといっても指1本で可能なので、複雑さはなくシンプルで楽しいです。3Dグラフィックの割りには軽いのも好感触です。
マイナス点としてはガチャが渋いという事でしょうか。プレイしてるとチケットはよく手に入るので割と回す事は可能ですが、☆5はまず出ません。無課金での入手はほぼ諦めた方がいいかもしれません。

そもそもサービス開始の普通緩くしそうな頃でも、0.5%という絶望的な確立だった事をみてもガチャには厳しいゲームといえるでしょう。ただ現在は幾分マシになってます。さすがにユーザーが離れる事に気づいたのでしょう。
無課金で遊びたい人は最初にリセマラで☆5を1体確保してからがいいかもしれませんね。とはいえ、☆が少ないユニットでも色々と重宝したり、色々工夫でどうにでもなるので必須ではありません。
ですので早く始めたい人は無理にリセマラの必要はないですよ。あと課金するつもりの人も。

☆4と☆3でも強くしていけば強力になったり、パーティ編成でころっと変わったりで、レアユニット依存ではないところも好印象な点です。
ストーリーも割とバカバカしい話が多く、重いのが苦手な人にもお勧め出来ます。イラストだけ見るとそうは見えないと思います。

イラストといえば男キャラが濃すぎるのと、一部イラストで顔と体のバランスが崩壊してるところは直して欲しいですが無理でしょうね。
サービス開始して間もないので粗探しは簡単ですが、それ以上に期待が持てる感じに姫王と最後の騎士団はなっているのでRPG探してる人にお勧めです。