着せ替えが凄い数あるのが面白いし案内役が便利

姫王と最後の騎士団っていうゲームが凄いところは、着せ替えが自分でできちゃうところなんです。このゲームの中では、色々なキャラ達がたくさん出てきます。そのキャラの着せ替えが、実に50億以上もあるというのですから驚きです。こんなゲーム、なかなかありません。

それに、平和な世界が広がるような姫王と最後の騎士団なのに、本当はなかなか難しく、暗い闇が広がる世界の物語なのです。世間を知らないくったくのない姫も、その物語に足を踏み入れることで、どんどん魅力的な1国の女王となる姿を見るのも楽しいゲームです。

ガチャも色々あって、色々なキャラが登場します。その中でも、酒場のオーナーでリーゼロッテや戦いの勇士のサルマーン、シャリィというキャラはなかなかのレア度です。

ガチャリザルトで可愛いと感じるのが、魔法使いのマホですね。このマホは、何だか日本人の女の子に似ています。可憐で清楚、それでいて何かをやり遂げそうな雰囲気のあるところが可愛いです。メイドなようなファッションを身に付けていて、手には長い剣を持っているのが特徴的です。紫の髪が印象的なコで、目がとても澄んでいるのが素敵なキャラです。こんなコが出てきては、魔法をかけてくれれば、とっても楽しいでしょう。

姫王と最後の騎士団では、リセマラというのがポイントです。このリセマラというものは、アプリをインストールするのが先決です。そして、チュートリアルにまでプレイをしては、そこでガチャを引けばいいわけです。魔石を貰えるのですが、自分で良いなと思ったキャラを引けば、それで終了しても大丈夫です。

姫王と最後の騎士団では、モニタという案内役が出てくるのがポイントです。やっぱり、広い世界を旅するのは大変です。でも、このモニタのおかげで、よりスムーズにその行く先を調べることができるのが、より時間短縮となります。

又、5種類のガチャがあり、それを自分で好きなものを回すことができるのも、このゲームの楽しいところです。