白猫プロジェクトのテンポの良さは異常かも

白猫プロジェクトのゲームテンポの良さはいい意味で異常かもしれませんね。こえほどゲームテンポのよいスマホアプリはあまりスマートフォンゲームの中には今までなかったですよ。それは白猫プロジェクトを遊んでいて他のゲームアプリにも手を出しているギルドメンバーの感想を聞いても確かなものだと感じております。

ただし、使用するキャラクターによることも否めませんね。たとえば、魔道士なんて使っていたらド派手なエフェクトからの迫力満点な魅力はあるものの、テンポとは真逆の存在といえます。魔道士を愛する愛していないという話ではなくて、テンポの悪さは抜きん出ているといえるでしょう。反対に双剣のテンポといったらもうリズムアクションゲーム並ですよね。

軽い剣を両の手に収めて軽装で敵陣を切り裂くアクションは痛快そのものです。白猫プロジェクトの戦闘の魅力を存分に味わいつくすために、最初は双剣使いのキャラクターをチョイスしてあげると良いのではないでしょうか。武道家という選択肢もありますが、やはり現実的に存在しない双剣にはいかんともしがたい独特の魅力がありますよね。ある意味麻薬的な魅力とでもいいましょうか。人は危険な匂いに嫌々ながらも惹かれるものですからね。

白猫プロジェクトはクエストが普通に存在していて、その辺はありきたりなソーシャルゲームというイメージですが、その辺は別に奇抜さを求めても得られるものもないため、好感触です。どちらかというとクエストで豊富に手に入るジュエルの存在のほうがありがたいですね。ジュエルが集まりやすいということはそれだけ、課金ガチャが引ける回数が多いため、無課金のプレイヤーでも十分に楽しめる可能性がありますよ。うまく高レアリティのカードが手に入ったなら、その魅力に取りつかれてしまう可能性があるため、くれぐれも熱を入れすぎて本質を見失わないように注意されるべきです。と自分への自戒もあるのですが、楽しくて止められそうにありません。